時間外労働等改善助成金 勤務間インターバル導入コース | 2019年度 | おすすめ助成金 | 助成金のことならおまかせ!ふちがみ労務管理センター

時間外労働等改善助成金 勤務間インターバル導入コース | 2019年度

どんな助成金か

時間外労働等改善助成金 勤務間インターバル導入コース | 2019年度のイメージ画像

勤務間インターバルとは
「勤務間インターバル」とは、勤務終了後、次の勤務までに一定時間以上の「休息時間」を設けることで、働く方の生活時間や睡眠時間を確保し、健康保持や過重労働の防止を図るものです。

勤務間インターバル導入コース(時間外労働等改善助成金)とは
本助成金は、会社内に勤務間インターバル制度を導入するため、支給対象となる取組を実施し、改善の成果を上げた事業主に対して、その経費の一部を助成するもので、中小企業における労働時間等の設定の改善の推進を図ることを目的としています。

いくら支給されるか

休息時間数:9時間以上11時間未満
助成額上限40万円
助成率75%

休息時間数:11時間以上
助成額上限50万円
助成率75%

どんな会社が受給できるか

支給対象となる取組
1.労務管理担当者に対する研修
2.労働者に対する研修、周知・啓発
3.外部専門家(社会保険労務士、中小企業診断士など)によるコンサルティング
4.就業規則・労使協定等の作成・変更
5.人材確保に向けた取組
6.労務管理用ソフトウェアの導入・更新
7.労務管理用機器の導入・更新
8.デジタル式運行記録計(デジタコ)の導入・更新
9.テレワーク用通信機器の導入・更新
10.労働能率の増進に資する設備・機器等の導入・更新
※上記のいずれか1つ以上実施する必要があります。

支給要件
事業場内の半数以上の従業員について、勤務間インターバル制度を導入し、前日の終業時刻と翌日の始業時刻の間に一定時間以上(9時間 or 11時間)のインターバルを設けること。

おすすめ助成金一覧

時間外労働等改善助成金 勤務間インターバル導入コース | 2019年度 最大50万円

時間外労働等改善助成金 勤務間インターバル導入コース | 2019年度

勤務間インターバルとは 「勤務間インターバル」とは、勤務終了後、次の勤務までに一定時間以上の「休息時間」を設けることで、働く方の生活時間や睡眠時間を確保し、健康保持や過重労働の...

詳細を見る

人材開発支援助成金 教育訓練休暇等制度 最大60万円

人材開発支援助成金 教育訓練休暇等制度

・事業主以外が行う教育訓練、各種検定またはキャリアコンサルティングを受けるために必要な休暇、労働基準法39条の規定による年次有給休暇を除く勤務時間の短縮を与え、自発的職業能力開発...

詳細を見る

【平成30年】人材開発支援助成金 セルフ・キャリアドック制度 最大60万円

【平成30年】人材開発支援助成金 セルフ・キャリアドック制度

対象となる労働者に対し、ジョブ・カードを使ってキャリアコンサルタントによる、キャリアコンサルティングを定期的に実施するもの(セルフ・キャリアドック実施計画書を作成し、それに従って...

詳細を見る

ご相談・お申し込みはこちらまで

お問合せ