助成金とは | 助成金のことならおまかせ!ふちがみ労務管理センター

助成金とは

助成金とは

助成金の特徴

助成金とは、返済の必要がない資金を指します。大きく分類すると、雇用関係の助成金(主に厚生労働省)と、研究開発型の助成金(主に経済産業省)に分かれます。

雇用関係助成金は、中小企業を対象としていて、国が定める一定の条件を満たす取り組みをした場合に支給される制度です。

雇用関係助成金の支給対象となる取り組みとしては、従業員の育成、評価、採用や、働き方改革などが挙げられます。

  • 返済不要・粗利扱い

    雇用関係助成金は、雇用保険に加入している企業が払っている雇用保険料から支払われているので、支給された助成金は返済義務がありません。また、助成金の特徴の1つに、「粗利扱いになる」というものがあります。

  • 自由に使える

    普段働いてくれている従業員様に還元をしたり、より従業員様が働きやすく、また生産性の高い仕事ができる環境づくりに投資することができたりと、企業様の組織活性化に使って頂くことができます。

  • 会社の信用につながる

    雇用保険を使っているので、労働関係の法令に違反がないという事が助成金が支給される絶対条件です。すなわち、助成金が受給できる事業所は、労働関係の法令に違反がなく、厚生労働省が認めた事業所となるわけです。

助成金の難点

  • 受給までに時間がかかる

    助成金は受給するまでに大体6ヶ月から1年以上かかります。申請に対する準備や取組みの内容など色々な工程を踏んでから支給に至ることを認識しておきましょう。

  • 期限を過ぎると受給できない

    全てのビジネスには期限あるように、助成金の申請も期日がそれぞれ決まっています。したがって綿密なスケジュール計画が必要であると言えます。

  • そもそも助成金の情報を知らないと申請もできない

    膨大な助成金の中から自社で使える助成金を調べることは、ただでさえ忙しい経営者の方には無理な話かもしれません。助成金の申請を考えるのであれば、まずはどのような助成金があるのか、そして自社でどの助成金を使うことができるのか、一度専門家に相談することをおすすめします。

助成金の相談は専門家へお任せください

総じて、助成金は「ただで貰えるお金」とではなく、「働きやすい環境づくり」をしてより組織の活性化を狙い、企業として一歩成長していくために応援してくれるようなものです。

申請自体の特徴やメリット、期限やノウハウ等の注意点をお話させて頂きましたが、どのように働きやすい環境づくりをするか、どうすればより従業員の生産性が上がるかなど、人事・労務の専門家である社労士だからご提案できることがあります。

受給できるまで親身に相談に乗り、全力でお手伝いさせて頂きます。少しでも助成金にご興味のある方は、ふちがみ労務管理センターをご活用下さい。必ずや貴社に最適な助成金を提案させて頂きます。ご相談、心よりお待ちしております。

ご相談・お申し込みはこちらまで

お問合せ